城&城跡

日本最古の天守を持つ国宝「松本城」

松本城

松本城とは

松本城は、姫路城/彦根城/犬山城/松江城とともに国宝に指定されているお城のひとつで、戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりです。天守の築造年代は文禄2~3年(1593~1594年)と考えられ、現存する五重六階の天守の中で日本最古のお城です。

戦国時代末期に造られた強固な天守、江戸時代初期の平和な時代に造られた辰巳附櫓(たつみつけやぐら)・月見櫓(つきみやぐら)という異なる時代の建築物が複合されているのが特徴です。これは連結複合式天守といわれ、国内唯一の貴重なものです。

松本城は外壁面上の板に塗られた黒漆の色から”烏城”と呼ばれることもありますが、文献上でそのように呼ばれていた記述はないようです。

松本城公園

駐車場から少し歩いて入口に到着、「国宝 松本城天守」の石碑がカッコいい!
※写真は2017年訪問時のもの

松本城_石碑

松本城公園内を歩いていくと、内堀の先に松本城が現れます。青空や北アルプスの山々を背にして、松本城の黒と白のコントラストが非常に美しいですね!

松本城

黒と白のコントラストが美しい松本城

黒門

黒門は、本丸御殿に通じる正式な門ということで、当時の最高の色調である黒の名を付けたといわれています。黒門から内部に入ると、左手に松本城が堂々と構えています。

松本城

天守

天守二階からの眺望です。内堀に掛かる埋橋(うずみのはし)、さらに松本市街や北アルプスを望むことができます。

松本城_眺望

薄暗い空間、木造の雰囲気が歴史を感じられて良いですね。

松本城_天守三階

歴史を感じる木造建築

天守内には展示物も多々あります。古文書、甲冑(鎧兜)、大砲、火縄銃など・・・

松本城_展示物

御座の間

天守四階にある御座の間、いざというときに城主がいるところ(御座所)だったようです。

松本城_御座の間

二十六夜神

最上階(天守六階)に到着です。ここは戦のときに周りの敵の様子を見るところ(望楼)として使われていたということもあり、東西南北のどの方角も一望できます。

松本城_天守六階

天井中央に祀られているのは、二十六夜神という松本城を守る神様です。元和3年(1617年)、松本に入った戸田氏が祀ったとされ、享保12年(1727年)に本丸御殿が火事にあった際に天守が焼けなかったのは、この神様のおかげと伝えられています。

松本城_二十六夜神
  • 天守内の階段が急傾斜(特に四階~五階)

 

駐車場

松本城周辺には多くの有料駐車場がありますので、特に心配はないと思います。市営駐車場で普通車が停められるところは、市営開智駐車場と市営松本城大手駐車場(立体)です。いずれも松本城までは徒歩5~10分程度の場所です。

市営以外の駐車場もそれほど料金差はありませんので、どこでもアクセスが良いところを選べば大丈夫です。

 

補足情報・アクセス

住所   長野県松本市丸の内

アクセス 車  松本I.C.より15分
     徒歩 JR松本駅より20分

駐車場  あり(有料)

料金   駐車場 200円~300円/時間
     観覧料 大人  700円
         小中学生300円(小学生未満は無料)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA