日本三大桜の名所「高遠城址公園」

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

高遠城址公園とは

高遠城址公園(たかとおじょうしこうえん)の桜は「天下第一の桜」と称され、日本三大桜の名所ともいわれています。園内には樹齢140年を超える古木を含め約1500本のタカトオコヒガンザクラ(固有種)が植えられており、ソメイヨシノより少し小ぶりで赤みのある美しい花を咲かせます。また、長野県の天然記念物に指定されており、さくら名所100選にも選定されています。

明治8年(1875年)に荒れたままの高遠城址を何とかしようと、高遠藩の旧藩士達が馬場の桜を城址に移植したのが公園の桜のはじまりのようです。ちなみに、高遠城日本100名城に選定されており、国指定史跡でもあります。

桜が見頃を迎える頃には「高遠さくら祭り」が開催されます。長野県内で一番かつ全国でも屈指の名所であり、県内外から毎年約20万人もの観光客が訪れています。

 

桜の見頃

4月上旬~4月中旬(例年)
※天候により前後する可能性あり
※訪問実績:2019年4月18日 →満開
      2019年4月20日 →散りはじめ

桜の開花情報はこちら↓
https://takato-inacity.jp/

 

桜満開

園内

ほりでいパークの臨時駐車場から歩くこと15分、高遠城址公園の入口に到着です。

朝6時過ぎの訪問、日中に比べると観光客は少ないです。朝日を浴びた桜は、濃いピンク色がより際立ちます。南ゲート手前の園路に舞い落ちた花びらは風情があっていいですね。

高遠城址公園_桜_園路

朝日を浴びた桜と園路に舞い落ちた花びら

南ゲートを通過して園内に入ります。

桜の中の句碑、いい雰囲気ですね。

高遠城址公園_桜_句碑

本丸に到着、見渡す限り桜の木です。見上げると青い空に濃いピンク色の桜が映えます。

高遠城址公園_桜_園内

長野県の天然記念物に指定されているタカトウコヒガンザクラ。この桜は、平成2年(1990年)に行われた「国際さくらシンポジウム」でマメザクラとエドヒガンの交配種の一系で、高遠固有の貴重なものとして命名されました。

園内で最も濃いピンク色の花びらを探して撮影、美しいですね!

高遠城址公園_桜_花びら

タカトウコヒガンザクラ(固有種)

問屋門

高遠城下、本町の問屋役所にあった問屋門です。昭和20年代に高遠町の有志が募金を集めて、この歴史ある門を現在地に移築したようです。

満開の桜に囲まれた問屋門が見事です。人気の撮影スポットで、全体を撮ろうとするとどうしても観光客が入ってしまいます。この写真は少し上の方を撮影しています。

高遠城址公園_桜_問屋門

満開の桜に囲まれた問屋門

お堀

お堀の水面に満開の桜と桜雲橋が写り込んでいます。神秘的で時が止まったようですね。

こちらも人気の撮影スポットで、カメラマンが多い・・・

高遠城址公園_桜_お堀

お堀の水面に写り込む満開の桜と桜雲橋

白山観音

ここからは高遠城址公園を離れて五郎山にある白山観音を目指します。高遠城址公園は一度入園料を支払えば、当日中は何度でも再入園が可能ですので気楽にお出かけください。

ほりでいドーム横のT字路から白山トンネルの上を通る広域基幹林道長谷高遠線を歩いて上っていきます。このまま約800m進み、途中で”白山観音”の看板に従って右手に上っていく山道に入ります。さらに山道を約400m進むと到着です。

先客は2~3名で、公園内に比べれば全然少なくていいですよ。

  • 歩きやすい運動靴
  • 山道は急斜面もあるため慎重に

白山観音は、生い茂った木の間から高遠城址公園の全景を望める絶景スポットです。写真を撮るのであれば望遠レンズは必須ですね。光学4.2倍のカメラでは全然足りず・・・この写真はトリミングをしています。素晴らしい景色です!

高遠城址公園_桜

天下第一の桜・高遠城址公園

ライトアップ

桜のシーズンにはライトアップがあります。

ライトアップされた桜と問屋門、とてもきれいですね。昼間と比較すると観光客も少なめですので、多少はのんびり過ごせるかと思います。

高遠城址公園_桜_ライトアップ

桜の間から見える伊那市街の夜景もきれいです。昼間であれば、正面に雪の残る中央アルプスも一望することができます。

高遠城址公園_桜_ライトアップ

高遠城址公園の桜と伊那市街の夜景

ライトアップされた桜がひっそりと咲いています。

高遠城址公園_桜_ライトアップ

 

約250本のもみじが鮮やかに色付く秋の紅葉もおすすめ↓

高遠城址公園(紅葉)_お堀
桜の名所は秋も鮮やかに「高遠城址公園」国の史跡で日本100名城に選定される高遠城の跡地で、桜の名所として全国的に有名な高遠城址公園。秋の紅葉シーズンには、約250本のもみじが公園内を鮮やかに染め、桜色に染まる春とは違って風情を感じさせる雰囲気を楽しめる。...

高遠城址公園の詳細はこちら↓

高遠城址公園_新緑
国史跡・日本100名城の「高遠城址公園」国の史跡で日本100名城に選定される高遠城の跡地で、桜の名所としても有名な高遠城址公園。高遠城は武田軍と織田軍の壮絶な戦いにより落城した歴史を持つ。天下第一の桜と称され、日本三大桜の名所ともいわれる桜は見事。...

 

周辺観光スポット

水面に映し出される桜や残雪の中央アルプスとの美しいコントラストが魅力の六道の堤
※車で約10分

六道の堤(桜)
残雪の中央アルプスと桜「六道の堤」困窮する藩財政を打開するため、高遠藩主の内藤頼寧により開発された六道の堤。桜の名所としても知られ、春には堤の周囲に咲き誇る約120本の桜が見事。また、水面に映し出される桜や残雪の中央アルプスとの美しいコントラストも魅力。...

桜の名所として知られる園内には282本が咲き誇る伊那公園
※車で約15分

伊那公園(桜)_鳥居
神社や機関車と桜の共演「伊那公園」伊那市街地東側の段丘上に位置する約10.6haの伊那公園。古くから桜の名所としても知られており、園内にある282本の桜が咲き誇る風景は見事。園内には伊那東大社、上伊那招魂社、機関車、遊具などがあり様々な楽しみ方ができる。...

残雪の中央アルプスや南アルプスが眺められる段丘上に約200本が咲く春日公園
※車で約20分

春日公園(桜)_本丸橋
春日城跡に咲く200本の桜「春日公園」伊那市街地西側の段丘上に位置する春日城跡を中心とした約14.3haの春日公園。桜の名所としても知られており、園内にある約200本の桜が咲き誇る風景は見事。残雪の中央アルプスや南アルプス、伊那市街地を眺められるのも魅力。...

 

駐車場

桜満開のシーズン、特に休日は非常に混雑します。臨時駐車場(無料)や周辺道路の混雑予測などについては、HPに詳細が記載されていますので、ご確認ください。

2019年訪問時は、ほりでいパークの臨時駐車場を利用しました。こちらを選んだ理由は、高遠城址公園から1km圏内かつ桜の全景を見ることができる白山観音に近いためです。高遠城址公園に向かう途中にある「ほりでいパーク」の桜や、「高遠さくらホテル・高遠湖」周辺の桜もきれいでした。非常におすすめです。

 

補足情報・アクセス

住所   長野県伊那市高遠町東高遠

アクセス 車 伊那I.C.より30分
       諏訪I.C.より45分

駐車場  あり

料金   大人500円、子ども250円

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA