樹齢400年「専照寺のシダレザクラ」

専照寺のシダレザクラとは

専照寺のシダレザクラとは、曹洞宗白竜山専照寺の境内にある桜です。専照寺は、慶長9年(1604年)に飯田城主の小笠原氏により現在地に移転されました。その際に植えられた桜は、樹下の釈迦牟尼仏の頭上を天蓋で飾るように咲き誇っています。

樹齢400年、幹周4.5m、樹高10mの枝垂れ桜です。

 

桜の見頃

4月上旬(例年)
※天候により前後する可能性あり
※訪問実績:2019年4月 6日 →五分咲き
      2021年3月30日 →満開
      2022年4月 9日 →散りはじめ

桜の開花情報はこちら↓
https://www.city.iida.lg.jp/site/sakurasaku/

 

桜満開

お花見

飯田市営駐車場から徒歩5分、専照寺を訪問です。

山門からの風景、参道の先に樹齢400年にもなる大きな桜の木が見えてきますよ。

専照寺のシダレザクラ_山門

境内に入ると専称寺のシダレザクラが見事に咲き誇っています。

専照寺のシダレザクラ

石仏を天蓋のように飾る専称寺のシダレザクラ

桜は満開を過ぎて散りはじめですね・・・風が吹くたびに花びらが舞い散ります。

専照寺のシダレザクラ_花びら

こちらの写真は2019年訪問時のものです。蕾が残っている桜も色が濃くてきれいですよ。

専照寺のシダレザクラ

ライトアップ

桜のシーズンはライトアップがあります。

専照寺のシダレザクラ_ライトアップ

釈迦牟尼仏の頭上を天蓋で飾るように咲いている桜は風情がありますよね。

専照寺のシダレザクラ_ライトアップ

ライトアップされた専称寺のシダレザクラ

まるで桜が降り注いでいるようです。

20時頃の訪問でしたが境内には1~2人程度で、静かに過ごすことができました。

専照寺のシダレザクラ_ライトアップ

 

周辺観光スポット

紅梅を思わせるような色合いが美しい黄梅院の紅しだれ桜
※徒歩で10分弱

黄梅院の紅しだれ桜
樹齢400年「黄梅院の紅しだれ桜」樹齢400年、幹周5.5m、樹高18m、飯田市の天然記念物に指定されている黄梅院の紅しだれ桜。黄梅院の境内に植えられている桜で、紅梅を思わせるような色合いは飯田市内でも屈指の美しさ。ライトアップされた桜もおすすめ。...

 

駐車場

飯田市営中央駐車場

中央交差点のすぐ近くにある中央公園の下に飯田市営中央駐車場があります。
※60分以内無料、以後30分ごとに100円

橋北臨時駐車場

黄梅院の紅しだれ桜を見るのであれば、橋北臨時駐車場も良いかと思います。飯田市営中央駐車場から少し進んだところにある伝馬町一二丁目の交差点を右折、少し先にあるコンビニの隣に駐車場があります。桜のシーズンは混雑しますのでご注意ください。

 

補足情報・アクセス

住所   長野県飯田市伝馬町

アクセス 車  飯田I.C.より15分
     徒歩 JR桜町駅より10分

駐車場  あり(有料/無料)

料金   なし

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA