白・紫・桃色に染まる「泉龍院の三色藤」

泉龍院の三色藤とは

泉龍院の三色藤とは、泉龍院境内で白・紫・桃の三色に咲く藤の花のことです。泉龍院といえば山門が有名ですが、この三色藤も負けず劣らずで、5月の最盛期には甘い香りと共に三色に咲き誇る藤の花が見事です。

泉龍院は、室町中期に物外性応禅師により開山されました。室町時代~江戸時代にかけての仏像・庭園・山門などが古刹の風格を漂わせています。山門は文政元年(1818年)、第26世快芳悦厳和尚の際に建立されたものです。

 

藤の見頃

5月上旬~5月中旬(例年)
※天候により前後する可能性あり
※訪問実績:2021年5月3日 →見頃

 

泉龍院

藤園

境内の右側にある三色藤が見頃を迎えています。朝9時前の訪問でしたが、観光客は2人だけ、ゆっくり過ごすことができました。

藤園には鎖が張ってあり中に入ることができませんので、外側からの観賞となります。

泉龍院_三色藤

紫色の長い房が、そよ風でゆらゆらと揺れています。

泉龍院_三色藤

下側から撮影、朝日を浴びて輝く藤の花はとても美しいですよ。

泉龍院_三色藤

白・紫・桃の三色に咲き誇る風景は見事ですね。

泉龍院_三色藤

白・紫・桃色に咲き誇る三色藤

藤の花びらもとてもきれいです。

泉龍院_三色藤_花びら

石碑

藤園を背景にした石碑がいい雰囲気を出しています。

泉龍院_三色藤_石碑

山門

冠雪した中央アルプスを背景に、新緑の木々の中で山門が堂々と構えています。

泉龍院_山門

 

泉龍院の詳細はこちら↓

泉龍院_山門
風格漂う山門が構える「泉龍院」精巧な造りで堂々と構える山門が魅力的な泉龍院。白・紫・桃の三色の花が咲き誇る三色藤も有名。室町中期に物外性応禅師により開山されたところで、室町時代~江戸時代にかけての仏像・庭園・山門などが古刹の風格を漂わせている。...

 

駐車場

松川I.C.方面から、県道18号を走り、”泉龍院”の看板がある交差点を左折(飯田I.C.方面からは右折)します。そのまま道なりに進み、突き当りを右折すると左手に泉龍院が現れます。駐車場は本堂の左側にありますので、山門の手前で左折して細い坂道を上ってください。お帰りの際は、本堂前を横切って境内の右側から出られます。

  • 慎重な運転、対向車注意
    (泉龍院周辺は道幅が狭い)

 

補足情報・アクセス

住所   長野県下伊那郡豊丘村河野

アクセス 車  松川I.C.より15分
        飯田I.C.より30分
     徒歩 JR山吹駅より30分

駐車場  あり

料金   なし

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA