3000本の桜が咲き乱れる名所「大西公園」

大西公園とは

大西公園は、残雪の南アルプス・赤石岳を背景に、眼下には小渋川を見下ろすことができる小高い丘の上にある公園です。昭和36年(1961年)の集中豪雨(通称三六災害)により崩落した大西山で亡くなった方々の慰霊と、悲劇が二度と起こらないよう願いを込めて住民が桜を植えたことがはじまりのようです。

園内には約130種、約3000本の桜が咲き乱れています。また、南アルプス・赤石岳の残雪を背景とした桜の風景も美しく、多くのカメラマンに人気の撮影スポットになっています。南信州を代表する桜の名所のひとつです。

桜が見頃を迎える頃には「大鹿さくら祭り」が開催されます。

 

桜の見頃

4月中旬~4月下旬(例年)
※天候により前後する可能性あり
※訪問実績:2019年4月20日 →満開

桜の開花情報はこちら↓
http://www.vill.ooshika.nagano.jp/category/tourism/sights/

 

桜満開

お花見

大西公園の桜、駐車場の目の前から咲き乱れています。

約3000本といわれる見渡す限りの桜が、とてもきれいですね。桜の木の下で食事をする家族連れや友人、園内を散歩する方、カメラマンなど楽しみ方は様々でした。

大西公園_桜

約3000本といわれる大西公園の桜

南アルプス・赤石岳の残雪を背景とした桜も見事です。

大西公園_桜

南アルプス・赤石岳の残雪を背景に満開の桜

角度を変えて拡大撮影、桜と松がいい雰囲気ですね。

大西公園_桜

園内はそれほど混雑することなく、のんびりと過ごすことができました。広い公園ですので、ある程度の人がいても混雑していないように感じるのかもしれません。

満開の桜の花びらが美しいですね。

大西公園_桜_花びら

ライトアップ

桜のシーズンにはライトアップがあります。

市街地から少し離れたところですので、また今度予定を立てて行きたいですね。

 

駐車場

松川I.C.方面から県道59号→国道152号と走り、道の駅(歌舞伎の里大鹿)を通過して次のT字路を右折します。道の上にある”大西公園 総合グラウンド”という看板が目印です。そのまま道なりに進むと、駐車場に到着です。

桜が満開の休日、15時頃に訪問しましたが、それほど混雑することなく駐車できました。いつもこの程度の人出であれば、最高の桜スポットですよね。

 

補足情報・アクセス

住所   長野県下伊那郡大鹿村大河原

アクセス 車 松川I.C.より40分

駐車場  あり

料金   なし

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA