紅葉

渓谷に鮮やかな紅葉「小戸名渓谷」

小戸名渓谷とは

小戸名渓谷(おどなけいこく)とは、根羽村にある奇岩・怪石・大岸壁などで形成される渓谷です。渓谷を流れる矢作川は茶臼山を源流とする川で、春には岩ツツジの赤い花が岩肌に咲き、秋には紅葉の名所となり多くの観光客が訪れます。

また、根羽村観光協会で毎年開催している「ふるさと根羽村フォトコンテスト」でも、小戸名渓谷をテーマにした写真が多く投稿されます。渓谷を流れる矢作川に沿って旧道が走っており、ドライブや散歩をしながら景観を楽しむことができます。

 

紅葉の見頃

10月下旬~11月上旬(例年)
※天候により前後する可能性あり
※訪問実績:2021年11月7日 →見頃

 

小戸名渓谷

水神大橋

駐車場から徒歩1分、県道46号の水神大橋からの眺望です。

まずは北側、真っ赤に色付くもみじが印象的ですね。

小戸名渓谷_紅葉_水神大橋

続いて南側、渓谷周辺が黄色に染まってきれいです。

小戸名渓谷_紅葉_水神大橋

木々が鮮やかに色付く小戸名渓谷

矢作川

地図上では水神大橋から渓谷に行けそうですが、実際はだいぶ高い場所で・・・渓谷にはぐるっと回って行く必要があります。萸野トンネルを通過して右折するか、駐車場から400mほど戻った場所を右折すると川沿いに旧道があります。

矢作川の下流側から上流側へ進んで行くと、最初に現れる橋付近の紅葉が絶景です。
(水神橋から見える真っ赤なもみじがここです)

小戸名渓谷_紅葉_もみじ

真っ赤に色付くもみじと渓谷

逆光で真っ赤に燃えるようなもみじが見事ですよ。

小戸名渓谷_紅葉_もみじ

さらに上流へ進むと水神大橋が見えてきます。

小戸名渓谷_紅葉_矢作川

黄色のもみじは何となく風情を感じさせますよね。この雰囲気は結構好きです。

小戸名渓谷_紅葉_もみじ

川沿いの旧道から県道46号に合流、その少し先から眺める渓谷もとてもきれいですよ。

小戸名渓谷_紅葉_矢作川

 

周辺観光スポット

樹齢1800年、大きさは県内一の月瀬の大スギ
※車で5~10分

月瀬の大スギ
樹齢1800年!天然記念物「月瀬の大スギ」樹齢1800年、幹周14m、樹高40m、国の天然記念物に指定されている月瀬の大スギ。長野県最南端の根羽村にあり、長野県第1位(全国第6位)の巨木。昔から虫歯に病む者が祈願すると不思議な力で救われると語り継がれている。...

茶臼山高原のパワースポット巡りもおすすめ↓
※車で約15分

茶臼山高原_パワースポット
パワースポットが点在「茶臼山高原」矢作川源流をはじめとして、雷岩など多くのパワースポットが点在している茶臼山高原。標高1,415mの茶臼山を中心として長野県根羽村・売木村と愛知県豊根村の境界に位置する。愛知県側にある約40万株の芝桜も見事。...

 

駐車場

県道46号沿いに東屋があり、その隣に駐車場(6台)があります。水神橋から渓谷を眺める場合は、こちらの駐車場でOKです。休日の昼間でしたが、誰もいませんでした。

また、渓谷付近には駐車場がありません。ところどころに広めのスペースがありますので、短時間であれば駐車は問題ないかと思います。

  • 慎重な運転、対向車・歩行者注意
    (川沿いの道は狭い)

 

補足情報・アクセス

住所   長野県下伊那郡根羽村

アクセス 車  飯田山本I.C.より45分
        恵那I.C.より55分

駐車場  あり(渓谷沿いにはなし)

料金   なし

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA