8000株が咲く「明皇山あじさいの里」

明皇山あじさいの里とは

明皇山あじさいの里(みょうこうざんあじさいのさと)とは、明皇山のヒノキ林の中に約8000株のあじさいが咲き誇る場所です。高冷地のため、他のあじさいの名所と比較すると見頃が遅いのが特徴です。例年お盆頃まで楽しめます。

現在は、鹿による食害で花をつけていないようです。地元の方々が手入れを進めているようですが、一面に咲き誇るあじさいを見られるまではしばらくかかりそうです。

 

あじさいの見頃

7月下旬~8月中旬(例年)
※天候により前後する可能性あり
※現在は見られません

 

明皇山あじさいの里

明皇山

駐車場から道を挟んだ反対側(橋を渡ってすぐ)に看板、ここから入っていきます。

明皇山あじさいの里_看板

売木川を左手にしばらく歩いていくと次の看板があり、右側の道を進みます。

明皇山あじさいの里_看板

手前にベンチがありますが、それ以外は見渡す限り緑一色です。まさに自然の姿!

明皇山あじさいの里

道なき山の斜面を登っていくと、ベンチや遊歩道らしきものが。

壊れた遊歩道はとても歩ける状態ではなく、自然の中に帰ろうとしている雰囲気です。

明皇山あじさいの里

あじさいの花が咲くよう地元の方々が手入れをしているようです。約8000株が咲き誇る明皇山あじさいの里、当時の姿に戻ることを願います。

明皇山あじさいの里

鹿による食害

2週間前に訪問した際は、あじさいの花がどこにもなく、あちらこちら探し回りました。まさか鹿による食害で見られないとは知りませんでしたね・・・

数ヶ月前は自治体のHPに観光地として掲載されていたのですが、現在は削除されているようです。また、あじさいの花が見られないことについてもHPに記載されているのですが、少し分かりにくいところにありますので見つけるのに苦労しました。

 

周辺観光スポット

村内にある蓮や睡蓮の名所、向原蓮の池

向原蓮の池
美しい蓮が一面に広がる「向原蓮の池」売木村にある美しい蓮や睡蓮が咲く池、向原蓮の池。25年ほど前に休耕田に植えられた蓮が徐々に増えて一面に広がり、今では村の名所となっている。蓮の花は、例年お盆過ぎまで楽しめる。...

 

駐車場

売木の交差点から先の県道447号沿いを進んで行くと、左手に駐車場があります。特に駐車場という看板はありませんが、”明皇山あじさいの里入口”の看板があるすぐ先です。草木が生い茂っている5台程度しか駐車できない小さな場所ですので、運転にはご注意ください。

 

補足情報・アクセス

住所   長野県下伊那郡売木村

アクセス 車 飯田山本I.C.より55分
       園原I.C.より55分

駐車場  あり

料金   なし

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA