一面黄色に「かわらんべ河川敷菜の花畑」

かわらんべ河川敷菜の花畑とは

かわらんべ河川敷菜の花畑とは、天竜川右岸の約1.5haに黄色の絨毯のように咲き誇る場所です。日本三大桑園といわれた往年の養蚕業の歴史と水難の里と呼ばれた川路地区の苦難の水害対策を偲んで、関係者が育てているとのことです。

また、天龍峡北駐車場近くには、天龍峡菜の花畑があります。室町時代に下條街道の関所としてこの地を管理していたとされる幾島館跡に植えられた菜の花畑で、近くにある幾島3本桜との共演も楽しめます。

いずれの菜の花畑も、川路菜の花愛護会、天龍峡アヴニール倶楽部、竜峡中学、シニア大学41期生の方々による協力で維持されているようです。

 

菜の花の見頃

4月下旬(例年)
※天候により前後する可能性あり
※訪問実績:2022年4月23日 →見頃

 

菜の花畑

天龍峡

5月並みの陽気となった中、天龍峡菜の花畑を訪問です。

既に葉桜ですが・・・幾島3本桜との共演です。桜満開の時期にも来てみたいですね。

天龍峡菜の花畑_幾島3本桜

菜の花はちょうど見頃を迎えており鮮やかに色付いています。

天龍峡菜の花畑_花びら

菜の花の下ではオオイヌノフグリが咲いています。青色の小さな花がかわいらしいですね。

天龍峡菜の花畑_オオイヌノフグリ

タイミングが良ければ電車(天竜峡駅⇔川路駅)と菜の花の写真も撮れます。ただ電車は1時間に1本くらいですので・・・時刻表の確認が必須ですよ。

天龍峡菜の花畑_電車

飯田線を走る電車と菜の花畑

かわらんべ河川敷

天竜川上流(北側)へ少し歩いていくと、天竜川総合学習館かわらんべがあります。

そしてその付近にかわらんべ河川敷菜の花畑が見えてきますよ。

かわらんべ河川敷菜の花畑

天竜川沿いに遊歩道が整備されていますので、散歩しながら楽しむことができます。

対岸に見える天龍峡八重桜街道、ピンク色もありますがだいぶ葉が目立ってきた感じです。

かわらんべ河川敷菜の花畑

10時半頃の訪問、この時間帯でも歩くと少し汗ばむ陽気ですね。お子様連れの家族、散歩やランニングをする方々などがこの風景を楽しんでいる様子でした。

かわらんべ河川敷菜の花畑

天竜川沿いに広がる菜の花畑

まるで黄色の絨毯のように広がる風景が見事ですよね。

かわらんべ河川敷菜の花畑_花びら

 

周辺観光スポット

新緑の季節に「天龍峡十勝」を巡る旅↓

天龍峡_新緑
名勝天龍峡にある十の奇岩「天龍峡十勝」天竜川の浸食によって造りだされた、南北約2kmにわたる峡谷が美しい天龍峡。書聖と呼ばれた書道家の日下部鳴鶴が、この天龍峡を訪問した際に選定した十の奇岩「天龍峡十勝」。岩肌には自筆の文字が刻まれている。...

 

駐車場

天龍峡北駐車場

天龍峡菜の花畑の隣に天龍峡北駐車場があります。砂利のスペースですが、30台は駐車できる広い場所となりますので安心して停められるかと思います。

 

補足情報・アクセス

住所   長野県飯田市川路

アクセス 車  飯田I.C.より15分
        飯田山本I.C.より10分
        ※三遠南信自動車道を利用
     徒歩 JR天竜峡駅より5分

駐車場  あり

料金   なし

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA