しゃくなげ寺として知られる「保寿寺」

保寿寺の石楠花とは

保寿寺の石楠花とは、保寿寺の自然庭園に江戸時代末期から群落する京丸石楠花(きょうまるしゃくなげ)のことで、保寿寺は通称しゃくなげ寺とも呼ばれています。京丸石楠花は南アルプス南部・長野と静岡の県境(山地)で自生し、絶滅危惧種に指定されている花です。このような低地で見られるのは日本唯一で貴重なものです。

保寿寺(ほうじゅうじ)は、飯田市にある臨済宗の寺院で、本尊は馬頭観世音菩薩です。鎌倉時代に建立、竹隠斎瑞億宗慶禅師によって開山されたと伝えられています。

 

石楠花の見頃

4月下旬~5月上旬(例年)
※天候により前後する可能性あり
※訪問実績:2022年5月2日 →見頃(終盤)

 

保寿寺

参道

晴天の素晴らしい日、新緑も美しい保寿寺を訪問です。

保寿寺_石楠花_参道

参道を上っていくと、色鮮やかなツツジに囲まれた法胎延命地蔵尊がいい雰囲気ですね。

保寿寺_石楠花_地蔵尊

色鮮やかなツツジに囲まれた法胎延命地蔵尊

地蔵尊の前にはお堂もありますよ。

保寿寺_石楠花_お堂

惣門・鐘楼門

室町時代に建てられたとされる惣門(黒門)を通ります。

保寿寺_石楠花_惣門(黒門)

石段を上っていくと鐘楼門(返照楼)が堂々と構えていますよ。

保寿寺_石楠花_鐘楼門(返照楼)

境内

鐘楼門で拝観料300円を納めて境内に入ります。

標高420mに位置する境内、すべてが自然庭園とのことです。

保寿寺_石楠花_庭園

本堂(華蔵界)に到着、平穏な日々をお祈りします。

保寿寺_石楠花_本堂(華蔵界)

石楠花

しゃくなげ寺とも呼ばれる保寿寺の庭園には、ピンク色の京丸石楠花(きょうまるしゃくなげ)が美しく咲いていますよ。

保寿寺_石楠花_花びら

しゃくなげ寺と呼ばれる保寿寺の石楠花

一部には蕾もありますが、見頃も終盤かと思います。もう少し早く来れればよかった・・・

保寿寺_石楠花_花びら

石楠花を楽しんだ後、鐘楼門を出ると左手に道が続いているので、帰りはこちらへ。苔むした風情を感じさせる道が続きますので、心が落ち着きますよ。

保寿寺_石楠花_苔の道

 

駐車場

保寿寺には舗装で整備された2箇所の駐車場があります。惣門(黒門)左手に9台、少し手前の左手に13台の駐車ができます。いずれも近い場所ですので、どちらでも大丈夫です。

  • 慎重な運転、対向車注意
    (保寿寺周辺は道幅が狭い)

 

補足情報・アクセス

住所   長野県飯田市龍江

アクセス 車  飯田I.C.より20分
        飯田山本I.C.より20分
     徒歩 JR時又駅より20分

駐車場  あり

料金   拝観料300円

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA