滝/峡谷/渓谷

横川渓谷に佇む天然記念物「横川の蛇石」

横川の蛇石とは

横川の蛇石(よこかわのじゃいし)とは、辰野町にある横川渓谷に横たわる大蛇のような形をした岩のことです。蛇石は2脈が平行して走り、一方は長さ87m・厚さ0.4m、もう一方は長さ17m・厚さ0.3mの大きさです。水成岩と火成岩を材料にして、地球規模の大地の動きによりつくられた蛇石は地質学上非常に珍しく、国の天然記念物にも指定されています。

横川渓谷(よこかわけいこく)は、経ヶ岳を源流とする全長21kmの横川川周辺の渓谷で、四季折々の風景を見せます。また、付近の岩盤は恐竜が生きていた時代に海底に堆積してできた粘板岩が主体となっており、上流には三級の滝などもあります。

 

横川渓谷

横川の蛇石

台風接近中の影響で雲多めの晴れの日、横川の蛇石を訪問です。

キャンプ場の奥を流れる横川川、川の中で横たわる大蛇のような岩が不思議な風景ですね。地質学上非常に珍しいこともあり、国の天然記念物にも指定されています。

横川渓谷_横川の蛇石

国の天然記念物・横川の蛇石

大小2脈の蛇石が平行して走っていますよ。

横川渓谷_横川の蛇石

民話では、横川川上流で兄弟竜がけんかをし、川が氾濫して下流の村が鉄砲水に襲われそうになった際、母子2匹の大蛇が身を犠牲にして救ったと伝えられています。

横川渓谷_横川の蛇石

蛇石は水面に出ている場所もあります。まるで川の中から大蛇が現れたようですよね。

横川渓谷_横川の蛇石

横川川に横たわる大蛇(蛇石)

水に濡れている場所は褐色ですが、川から露出して乾いた部分は灰色になっています。また、火成岩(閃緑岩)の中に白い石英脈が入っていることが分かりますよ。

横川渓谷_横川の蛇石

浦の沢のトチノキ

蛇石の近くにある浦の沢のトチノキ、幹周4.1m・樹高30mの大きさで辰野町の天然記念物に指定されています。枝張りも35mと見事で、根元から見上げると圧倒されますよ。

横川渓谷_浦の沢のトチノキ

蛇石キャンプ場

周辺には蛇石キャンプ場も整備されており、予約不要・無料で利用できます。大自然に囲まれた渓谷で、既に10組ほどの方がキャンプを楽しんでいました。

横川渓谷_蛇石キャンプ場

三級の滝

トレッキングも楽しむことができ、上流には三級の滝があります。残念ながら令和3年8月(2021年8月)の豪雨災害のため、黒沢橋から三級の滝は通行できないとのことです。

 

横川ダム

横川の蛇石から約1km下流には横川ダムがあり、ダム湖は公募により”よこかわ湖”になったようです。周辺の木々が美しく色付く秋の紅葉シーズンが待ち遠しいですね。

横川ダム

 

駐車場

蛇石キャンプ場に約15台、少し手前の道沿いに約15台の駐車スペースがあります。休日9時頃には8割近くが埋まっており、予想以上に来られる方が多い印象です。

 

補足情報・アクセス

住所   長野県上伊那郡辰野町大字横川

アクセス 車 伊北I.C.より30分
       塩尻I.C.より40分

駐車場  あり

料金   なし

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA