神社

室町時代の建築様式が残る「筑摩神社」

筑摩神社とは

筑摩神社(つかまじんじゃ)は、松本市にある神社で、延暦13年(794年)に石清水八幡宮より勧請を受けて創建されたと伝えられています。古来よりこの地に鎮座し、筑摩八幡宮や国府八幡宮と呼ばれてきました。「国府」と呼ばれたのは、平安時代の初めに松本に信濃の国府がおかれたことからきています。

筑摩神社は本殿を中心に玉垣がめぐらされており、社域は東西に100間(180m)、南北に66間(119m)といわれています。永享11年(1439年)に再建された筑摩神社本殿は室町時代の建築様式を各所に残した貴重なものとして国の重要文化財に、慶長15年(1610年)に造営された拝殿県宝に指定されています。

 

筑摩神社

鳥居~参道

朝晩の冷え込みはまだまだ続く春先、筑摩神社を訪問です。

筑摩神社_鳥居

横たわる木の奥に手水舎があります。

筑摩神社_手水舎

参道の両脇に構える狛犬はとても迫力がありますね。

筑摩神社_狛犬

鳥居の奥に見える神門周辺が玉垣で囲まれているのが分かります。社域は東西に100間(180m)、南北に66間(119m)の広さとのことです。

筑摩神社_参道

こちらは境内右側にある境内社です。

筑摩神社_境内社

拝殿・本殿

朝日を浴びた神門を通ります。

筑摩神社_神門

苔むした石灯籠に鮮やかな風車が映えますね。

筑摩神社_石灯籠

慶長15年(1610年)に造営された拝殿県宝に指定されています。入母屋造で屋根は杮葺き、安土桃山時代の特徴が随所に残されているようです。平穏な日々と健康を祈ります。

筑摩神社_拝殿

筑摩神社拝殿(県宝)

永享11年(1439年)に再建された三間社流造の筑摩神社本殿、室町時代の建築様式を各所に残した貴重なものとして国の重要文化財に指定されています。

筑摩神社_本殿

筑摩神社本殿(国重要文化財)

境内社

拝殿の左側には絵馬殿がありますよ。

筑摩神社_絵馬殿

その先にある銅鐘は永正11年(1514年)に信濃の守護・小笠原長棟が献納したものです。こちらの地域で最古の銅鐘であることから松本市の有形文化財に指定されています。

筑摩神社_銅鐘

拝殿の右側にある境内社(筑摩大神社、八坂大神社、熊野大神社・子安大神社)です。朝早めの時間帯だったためか、境内には1人だけでゆっくり過ごすことができました。

筑摩神社_境内社

 

周辺観光スポット

姫路城/彦根城/犬山城/松江城とともに国宝に指定され、黒漆塗りが美しい松本城
※車で約10分

松本城
日本最古の天守を持つ国宝「松本城」現存する五重六階の天守の中で日本最古で国宝の松本城。戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まり。戦国末期に造られた強固な天守と江戸時代初期に造られた辰巳附櫓・月見櫓は連結複合式天守といわれ、国内唯一の歴史的特徴を持つ。...

 

駐車場

筑摩神社の北東側の木々の中に駐車スペースがあり、5~6台程度の駐車ができます。本殿の北側を通る道路沿いから入ることができます。休日9時頃の訪問で車が数台ありましたが、混雑することはなさそうです。

 

補足情報・アクセス

住所   長野県松本市筑摩

アクセス 車  松本I.C.より20分
        塩尻北I.C.より25分
     徒歩 JR松本駅より30分

駐車場  あり

料金   なし

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA