古墳

国史跡の飯田古墳群「塚原二子塚古墳」

塚原二子塚古墳とは

塚原二子塚古墳(つかばらふたごづかこふん)とは、国史跡に指定されている飯田古墳群のひとつです。良好な姿を残す古墳で、墳丘上からは天竜川や対岸の風景を眺められます。また、こちらの地区には塚原二子塚古墳、鏡塚古墳、鎧塚古墳を中心に16基の古墳があったことから、塚原古墳群とも呼ばれています。

埋葬施設の調査は行われていませんが、墳丘の状況などから竪穴式石室と推定されます。

  • 古墳形態:前方後円墳
  • 墳丘長 :73.0m
  • 埋葬施設:竪穴式石室(推定)
  • 推定年代:5世紀末

 

飯田古墳群とは

飯田古墳群(いいだこふんぐん)とは、飯田市の天竜川右岸段丘上の南北約10km、東西約2.5kmの範囲にあり、古墳時代中期~後期(5世紀後半~6世紀末)にかけて構築された18基の前方後円墳と4基の帆立貝形古墳からなる古墳群です。この中で11基の前方後円墳と2基の帆立貝形古墳が国史跡に指定されています。

また、長野県にある前方後円墳の約半数が飯田市内にあります。この数の多さは、飯田地域がヤマト王権と密接な関係にあったことを示しています。さらに、内陸交通においても東西を結ぶ重要地であり、ヤマト王権の影響を受けながらも周辺地域の多様な文化も取り入れて独自の古墳文化を築いていたことが分かります。

国史跡に指定されている飯田古墳群一覧↓

名称 古墳形態 推定年代 所在
地区
高岡第一号古墳 前方後円墳 6世紀前半 座光寺
飯沼天神塚(雲彩寺)古墳 前方後円墳 6世紀前半 上郷
御射山獅子塚古墳 前方後円墳 5世紀末~6世紀 松尾
姫塚古墳 前方後円墳 6世紀前半 松尾
上溝天神塚古墳 前方後円墳 6世紀中頃 松尾
おかん塚古墳 前方後円墳 6世紀後半 松尾
水佐代獅子塚古墳 前方後円墳 5世紀後半 松尾
大塚古墳 前方後円墳 5世紀後半 竜丘
塚原二子塚古墳 前方後円墳 5世紀末 竜丘
鏡塚古墳 帆立貝形古墳 5世紀後半 竜丘
鎧塚古墳 帆立貝形古墳 5世紀末 竜丘
御猿堂古墳 前方後円墳 6世紀中頃 竜丘
馬背塚古墳 前方後円墳 6世紀末 竜丘
飯田古墳群_マップ

 

塚原二子塚古墳

古墳

塚原二子塚古墳、飯田古墳群の中で最大級の古墳です。

周辺に遮るものがないため、少し遠くからでも前方後円墳の形がきれいに見えますね。

飯田古墳群_塚原二子塚古墳

竪穴式石室があったと推定されている古墳、墳丘上からの眺めも格別ですよ。

飯田古墳群_塚原二子塚古墳

可憐な紫色の花がところどろこに咲いていました。

飯田古墳群_塚原二子塚古墳_花

こちらからは円筒埴輪、形象埴輪、人物埴輪など多くの埴輪が出土したようです。

飯田古墳群_塚原二子塚古墳

国史跡の飯田古墳群・塚原二子塚古墳

花壇

古墳を囲むように設置されている花壇、色とりどりの鮮やかな花がとてもきれいですね。

飯田古墳群_塚原二子塚古墳_花壇

 

鎧塚古墳

鎧塚古墳(塚原五号古墳)、塚原二子塚古墳からすぐ近い場所(徒歩1分)にあります。

短甲(鉄の鎧)が出土されたことから鎧塚古墳と呼ばれています。他にも埴輪や馬鐸(馬に付ける飾り)が出土したようです。

  • 古墳形態:帆立貝形古墳
  • 墳丘長 :45.0m(推定)
  • 埋葬施設:竪穴式石室(推定)
  • 推定年代:5世紀後半
飯田古墳群_鎧塚古墳

国史跡の飯田古墳群・鎧塚古墳

 

鏡塚古墳

鏡塚古墳(塚原四号古墳)、塚原二子塚古墳からすぐ近い場所(徒歩1分)にあります。下調べ不足により上記訪問時に気付かず・・・別日に再訪問です。。

鏡が出土したと伝えられており、鏡塚古墳と呼ばれています。他にも埴輪が出土したようです。現在は墳丘上に柿の木が植えられています。まもなく収穫の時期ですね。

  • 古墳形態:帆立貝形古墳
  • 墳丘長 :45.0m(推定)
  • 埋葬施設:竪穴式石室(推定)
  • 推定年代:5世紀後半
飯田古墳群_鏡塚古墳

国史跡の飯田古墳群・鏡塚古墳

 

駐車場

国道151号にあるサンヒルズ入口交差点の県道250号沿いに駐車場があります。デコボコした土の駐車場になりますが、10台程度は駐車できる比較的広いスペースです。

 

補足情報・アクセス

住所   長野県飯田市桐林

アクセス 車  飯田I.C.より15分
        飯田山本I.C.より15分
     徒歩 JR時又駅より20分

駐車場  あり

料金   なし

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA