紅葉

紅葉が進む日本のチロル「下栗の里」

下栗の里とは

南アルプスを望む標高800~1,000mの地区で、にほんの里100選にも選ばれている下栗の里。最大傾斜38度の傾斜面に点在する耕地や家屋、その間をぬうようにつづら折りの坂道が走る様子は遠山郷を代表する景観をつくりあげています。

また、景観の美しさ、自然と暮らしの調和がオーストリアのチロル地方に似ていることから、日本のチロルとも呼ばれています。

 

紅葉の見頃

10月下旬~11月上旬(例年)
※天候により若干ずれ込む可能性あり
※実績:2020年11月7日 →見頃

 

下栗の里

信州サンセットポイント100

はんば亭駐車場にある信州サンセットポイント100

駐車場からは下栗の集落や南アルプスの山々が夕陽に染まる美しい景色が見られるようです。本日は曇りなので残念ながら・・・

下栗の里_サンセットポイント_紅葉

天空の里ビューポイント

はんば駐車場から歩くこと5分ちょっと、天空の里ビューポイント入口に到着です。この看板を右手に進むと遊歩道が続きます。

下栗の里_ビューポイント_入口_紅葉

まごころの杖、少しでも楽で安全な歩行を願って地元住民の方々が作ってくれたもののようです。温かい心遣いですね。

下栗の里_まごころの杖_紅葉

遊歩道は一部狭いところもありますが、整備されています。
(こちらも整備していただいた地元住民の方々に感謝)

以前も来たことがあるのですが、思っていたより長い道のりです。ところどころ紅葉がきれいな場所もあり、自然の雰囲気を楽しみながら歩いていきます。

下栗の里_ビューポイント_遊歩道_紅葉
  • 歩きやすい運動靴
    (木の根が張っている場所に注意)

日本のチロル

遊歩道を歩いて約15分、天空の里ビューポイントに到着。

日本のチロルと呼ばれる下栗の里と紅葉が絶景!晴れの日は影ができてしまうので、あえて曇りの日を選んで正解です。もし運よく朝霧が出ていれば、霧の中から集落が現れるような幻想的な世界が見られますよ。

下栗の里_紅葉

日本のチロル 下栗の里と紅葉

 

周辺観光スポット

しらびそ高原とのセット観光もオススメ↓

南アルプスエコーラインを走って約15kmです。狭い山道のため運転は注意が必要ですが、時間に余裕があれば是非立ち寄りたい場所ですね。ただし、標高差が約1,000mですので、紅葉の時期は若干ずれてしまうかと思います。

しらびそ高原_市道上村1号線_紅葉
紅葉のアルプス展望台「しらびそ高原」標高1,918mの山岳景勝地で、アルプス展望台ともいわれる遠山郷・しらびそ高原。山々の紅葉が絶景。また、本州有数の天体観測スポットとしても知られており、晴天の夜空には満点の星が広がり、天の川も見ることができる。...

 

駐車場

はんば亭駐車場

矢筈トンネルを抜けて国道152号を走り、”下栗の里”の看板を左折。山道をしばらく進むとはんば亭駐車場に到着です。下栗の里周辺は、とにかく道幅が狭い・・・対向車が来ないことを祈りながら走るしかないです。。

  • 慎重な運転、対向車注意
    (下栗の里周辺は道幅が狭い山道)

 

補足情報・アクセス

住所   長野県飯田市上村

アクセス 車 飯田I.C.より75分

駐車場  あり

料金   なし

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA