その他

名水百選「猿庫の泉」

猿庫の泉

猿庫の泉とは

名水百選に選定されている猿庫の泉

江戸時代、不蔵庵竜渓宗匠が茶に適した水を求めて諸国を遍歴中、天竜川下流の水のうまさに心をひかれ、その源を尋ねて川をさかのぼること約30里(120km)、風越山麓の松川渓谷に、この泉を探しあてたといわれています。

5月~10月の日曜・祝日には猿庫の泉保存会による野点が行われており、各地の茶道家集まるなど、茶の湯に最適な水として親しまれています。

入口

駐車場のすぐ隣が猿庫の泉の入口。

時が止まったように静かな空間の中に、「カコーン」という鹿威しの音が響いています。

猿庫の泉_入口

東屋

入口からの階段をしばらく進むと東屋があります。

森林の中に佇む東屋は風情があり、ここで一休みできますよ。

猿庫の泉_東屋

水汲み場

東屋のすぐ上にある水汲み場

口当たりはまろやかですっきりする軟水で、県内・県外問わず、水筒やペットボトルなどに汲みに来る方も多くいるようです。

猿庫の泉_水汲み場

名水 猿庫の泉(水汲み場)

外の世界とは一線を画していて、自然の音しか聞こえてきません。まるで別世界のようで、心をリフレッシュできます。

湧き水が出てくる部分から発生する波紋が美しいですね!

猿庫の泉

水質データ

猿庫の泉は、水温10.0~13.0℃、硬度11.0~14.0mg/Lの軟水で、炭酸水素イオンやカルシウムイオン、ナトリウムイオンなどが多く含まれています。
※水質評価データ詳細は以下参照

硬度 14.0 mg/L  
水素イオン濃度(pH) 6.8 mg/L  
電気伝導率(EC) 5.1 mS/m 
カルシウムイオン(Ca2+ 4.8 mg/L  
マグネシウムイオン(Mg2+ 0.6 mg/L  
ナトリウムイオン(Na+ 4.2 mg/L  
カリウムイオン(K+ 1.6 mg/L  
炭酸水素イオン(HCO3 28.0 mg/L  
塩化物イオン(Cl 0.8 mg/L  
硫酸イオン(SO42- 1.1 mg/L  
溶性ケイ酸(SiO2 18.0 mg/L  
硝酸性窒素(NO3 0.3 mg/L  

 

駐車場

県道15号から白山町3丁目の交差点を左折、県道8号(大平街道)を進みます。しばらく進むと、”さるくらの泉”の案内板があり、そこを円悟沢林道へ右折します。さらに進むと左側にトイレがあり、その手前に約10台の駐車場があります。
(さらに奥にも少し駐車スペースがあります)

風越山へ登山する方もこの駐車場を利用しています。

 

補足情報・アクセス

住所   長野県飯田市上飯田

アクセス 車 飯田I.C.より15分

駐車場  あり

料金   なし

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA