紅葉

鮮やかな黄色に染まる「恩徳寺大銀杏」

恩徳寺大銀杏とは

恩徳寺大銀杏(おんとくじおおいちょう)とは、南箕輪村の恩徳寺境内に立つイチョウの大木です。恩徳寺の前身である薬師堂の際に境内の大銀杏を切って本尊薬師如来を刻んだといわれ、その切り株に生えたものが現在の大銀杏であると伝えられています。

秋には鮮やかな黄色に染まる風景が魅力で、落葉後は境内を黄色の絨毯のように彩ります。樹齢約400年、幹周3.5m、樹高20m、南箕輪村の天然記念物に指定されています。

恩徳寺は建永2年(1207年)に建立された古刹で、明治17年(1884年)に現在地に移築されました。本尊は不動明王、信州の成田山として多くの方々が訪れています。

 

紅葉の見頃

11月上旬~中旬(例年)
※天候により前後する可能性あり
※訪問実績:2022年11月 5日 →見頃
      2022年11月12日 →見頃

 

恩徳寺

山門

冷え込みが厳しくなってきた朝方、恩徳寺を訪問です。

恩徳寺大銀杏_山門

仁王像

山門の先には仁王像が堂々と構えています。黄色のイチョウを背景に、真っ赤なもみじがアクセントになっていい雰囲気ですね。

恩徳寺大銀杏_仁王像

黄色のイチョウ・赤色のもみじと仁王像

石段を上りながら見上げるイチョウ、青空の中に鮮やかな黄色に色付く風景が美しいです。

恩徳寺大銀杏_石段

境内

境内の真ん中には南箕輪村の天然記念物に指定される恩徳寺大銀杏が堂々と立っています。樹齢約400年、幹周3.5m、樹高20mの大きさが印象的ですよ。

恩徳寺大銀杏_境内

樹齢約400年の恩徳寺大銀杏

朝8時半、境内には誰もおらず、ゆっくりと堪能できました。

太陽が当たりにくい下の方は若干の黄緑色が残っているものの、十分見頃ですよ。複雑に伸びる枝が時の流れを感じさせます。

恩徳寺大銀杏_境内

来週には全体が鮮やかな黄色に包まれそう、楽しみですね。

恩徳寺大銀杏_境内

1週間後・・・

先週は若干の黄緑色が残っていましたが、1週間で全体が鮮やかな黄色に染まりました。
※2022年11月12日撮影

恩徳寺大銀杏_境内

鮮やかな黄色に染まる恩徳寺大銀杏

落葉後は境内一面が鮮やかな黄色の絨毯になるようです。これからしばらくの間、美しい風景を楽しむことができますね。

恩徳寺大銀杏_境内

 

周辺観光スポット

黄金色のトンネルが広がる信州大学農学部のユリノキ並木
※車で約5分

信州大学農学部のユリノキ並木
大学へ続く黄金色の道「ユリノキ並木」南箕輪村の信州大学農学部にあるユリノキ並木.。正門から校舎までの約200mに渡って50本ほどのユリノキが植えられており、秋には黄金色のトンネルが広がる。古い木は樹齢70年近くで、学生たちを見守り続けている。...

天然記念物に指定される境内周辺が鮮やかに染まる仲仙寺
※車で約15分

仲仙寺(紅葉)_六地蔵
鮮やかな紅葉に包まれる「仲仙寺」伊那市にある天台宗の寺院で、弘仁7年(816年)に比叡山延暦寺の高僧である慈覚大師により開山された羽広山仲仙寺。仲仙寺周辺の植物群落は伊那市の天然記念物に指定されており、秋には境内が美しい紅葉に染まる。...

もみじが鮮やかに色付く風景が趣を感じさせる高遠城址公園
※車で約25分

高遠城址公園(紅葉)_お堀
桜の名所は秋も鮮やかに「高遠城址公園」国の史跡で日本100名城に選定される高遠城の跡地で、桜の名所として全国的に有名な高遠城址公園。秋の紅葉シーズンには、約250本のもみじが公園内を鮮やかに染め、桜色に染まる春とは違って風情を感じさせる雰囲気を楽しめる。...

 

駐車場

恩徳寺駐車場

恩徳寺の近くに砂利の駐車場があり、20台程度は駐車できます。場所が少し分かりにくいのですが、国道361号から恩徳寺方向への道に入ってすぐ左に曲がると(恩徳寺駐車場と刻まれた石碑を左折)駐車場があります。混雑することはないかと思います。

 

補足情報・アクセス

住所   長野県上伊那郡南箕輪村沢尻

アクセス 車  伊那I.C.より5分
        小黒川スマートI.C.より10分
     徒歩 JR伊那北駅より35分
        JR伊那市駅より40分

駐車場  あり

料金   なし

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA